カテゴリー別アーカイブ: 未分類

カタログギフトの甘い誘惑

冬は甘党にはたまらない季節です。 クリスマスのイチゴと生クリームたっぷりのケーキ。 お正月のあんこや、きな粉がのったつき立てのお餅。 そしてバレンタインのチョコレート。 私は甘いものの中でも特にチョコレートに目がありません。 私にとって二月のバレンタインというイベントは 一年の中でも最も心躍るイベントなのです。 二月になると百貨店やデパートの売り場では 普段見ることのない全国各地や、 はたまた世界のパティシエたちが考案した、 色とりどりのスイーツが並びます。 お菓子のパッケージは 大人用にリッチでオシャレなものもあれば、 大きいハートマークが印刷されている ポップでかわいらしいものもあり、 見ているだけで幸せになります。 端から開けて味を確かめたい気持ちになるのをこらえて、 私は人にあげるチョコレートを探す前にまず自分用のものから探します。 今年もチョコの季節が来ると思って、 ふと家のカタログギフトを開いたら、 「おすすめ洋菓子グルメギフト」というページに目を奪われました。 トップショコラティエの作るチョコ菓子の詰め合わせの 豪華さといったらありませんでした。 今年は少し早くカタログギフトから 自分用のご褒美として買おうと思います。 お店とは違って宅配で家に届くのは贅沢な気分で嬉しいです。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

カタログギフトのツヴィーゼル1872

このごろ頂いたリンベル のカタログギフトに「ツヴィーゼル1872」のかっこいいワイン・デカンターが 掲載されていました。 「ベルリン在住の有名デザイナー、ミカエル・ボーム氏がデザインし、2005年に発売された ハンドメイド・コレクション<ツヴィーゼル1872>。 欧州をはじめ世界的な評価を得ている氏が音楽にインスピレーションを受け、デザインしたこのコレクションは、 グラス類だけでなく、インテリア小物も充実しています。」 1.デカンター サイズ:幅が36.5cm 奥行きが10.5cm 高さが26cmあります。 材質は無鉛ガラスで、ハンドメイドです。スロベニア製です。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

カタログギフトの割引情報

カタログギフト の 商品3000円コースはギャロップというコース名で、 プレゼンテージ・セレクトには   フォリフォリのキーホルダー、ダナキャラン・ニューヨークの フェイスタオル3枚セット、ル・クルーゼのラムカン(L)2個セットと ラムカン・フルール(S・フタ付き)、アルティガのポーチ、 IVVのペアタンブラー(山本まさとデザイン)ジェイミー・オリバーのマグカップ、ローゼンタールのティーカップ&ソーサー(人魚姫)リン・ウッツォンデザイン、仏蘭西ボルドーの赤ワイン<クロワ・デ・ゾム><ラ・リーブ・ド・グレ> ドイツ白ワインの<リースリング シュペトレーゼ>   など、垂涎の一品が並んでいますね。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

カタログギフト会社をよく吟味

カタログギフトをもらっても 申し込み期限に結構余裕があるので、 どうしても、商品選びが後回しになってしまいます。 そして、期限間際に、慌てて選ぶのが、いつものパターンです。 カタログギフトって、よくよく考えると画期的なアイデアですよね。 結婚式の引き出物の場合だと、帰りの荷物が大きくならずに すみますし、いらない物をもらって、困ることもないですからね。 けれども、最近は、カタログギフトの中にも、 欲しい商品がないという声が多いそうです。 確かに、私もそう感じたことは多いです。 選ぶカタログギフト会社によって、同じ予算でも 商品のグレードが違っているようなんです。 こちらがカタログギフトを贈る立場なら、 そんなことも念頭において、選ぶ必要がありそうですね。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

お歳暮と口コミ

口コミで貰って嬉しいお歳暮が何か検索してみました。 多かったのは普段は自分では買わないようなものを送ってもらったときだそうです。 後は金券がいいなぁって人もいたんですよ。 その人はよくビールを頂くそうなんですが、実は晩酌とかは全然しないそうなんです。 だから、ビール券ならまだいいのに、なんて言っていました。 高級食材も人によって好みが分かれるそうで、蟹を貰って嬉しいという人もいれば食べにくいから嫌だって人もいるんですよね。 食べないお菓子や果物も困るという人もいれば、逆にそっちがいいという人もいて。 贈る側の意見としては金券は微妙な金額だと気になってしまうから嫌だというのもありました。 確かに贈る側としては金額悩みますもんね。 そして、お歳暮の値段を調べたことがあるか、というので結構調べたことがあるというひとが多かったようです。 大体化粧箱の商品番号とかで分かったりする件があったり、お返しをしなくてはならない人なので値段を調べたりということがあったそうです。 カタログギフトも贈物が選べる点でいいそうですが、掲載商品の数が少ないと貰っても困る人が出てくるようです。 出来るだけ品数の多くて品質のいいものがのっているのがベストみたいですね。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

忌明けやご香典返し礼状は、プロにお願いしよう

忌明けやご香典返しに添える挨拶は、慎重の上に慎重を重ねて作ることが 欠かせません。 忌明けやご香典返しは、間違った言葉の使い方ひとつで 常識のなさが露呈してしまうからです。 忌明けやご香典返しに何らかの挨拶状を添える場合には、 確実にプロによる文章をお願いするのが得策です。 たとえばカタログギフトの木村陶器・楽天ショップさんでは いくつかの定型文をご香典返し礼状や忌明けのメッセージカード用に 用意してもらえます。 その定型文だけを見ていても、ぱっと自分には思いつかないなあという 丁寧な言葉づかいが並んでいたりします。 たとえば「拝趨(はいすう)」という言葉です。 拝趨(はいすう)というのは急ぎお伺いするという意味を へりくだって使う言葉なのだそうです。 忌明けの定型文には、さっそく急ぎお伺いして お礼をしなければならないところですが、正式な手続きは略して 書面にてご挨拶申し上げます・・・というような文面が使われています。 この「急ぎお伺いして」のところが「拝趨(はいすう)」のようです。 日本語の使い方って、同じ日本人でも全く知らないことって あるのですね・・・(^^ゞ ちなみに「正式な手続きは略して」のところは、このような挨拶状の場合 「略儀(りゃくぎ)」と書くみたいです。 これらをひとつずつ失礼のないように、いちから組み立てるのは、 素人にはなかなかむずかしいですよね。 このような挨拶状で、失敗したくないという時には やっぱりプロの方にお願いして書いていただくのが一番安心といえそうです。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

選ぶのが楽しいカタログギフト

やはり贈り物をする側としては、相手に喜んで貰えるものを贈りたいと思うのが第一になるのではなでしょうか。 そんな場合にもしもカタログギフトを贈ることになったとします。 そういう事になったら、相手がそのカタログから商品を選ぶのに楽しめるようなものを贈ることを目的にカタログギフトを選んでいくと良いでしょう。 やはりこのスタイルの贈り物の楽しみといえば、自分が欲しいものを受け取れるという事ですよね。 そのため、相手にとっては欲しいものなどが載っているものを贈られる事のほうが嬉しいはずです。 そのカタログギフトを選ぶために、贈る側は色々と見比べる必要があるという事を覚えておいてください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

カタログギフトに種類はあるの?

カタログギフトを注文した事が無い人にとっては、どういう選び方をしたら良いのかわから無いという人も居る事でしょうし、そういった人はどういった方法でカタログを選んだほうが良いのか悩む事でしょう。 カタログの種類というのは、もちろん会社によって中身などの品質が違うものもありますし、最近は贈るパターンによって表紙などが違う場合もありますから、そういった選び方にも目を向けてみると良いのではないでしょうか。 あまりこうしたものを気にした事が無いという人は、今時ネットなどで色々と確認できるので、どんな種類のカタログがあるのかを確認してみましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

枝雀師匠の「あとがき」

枝雀師匠の「あとがき」 ただ、なんと申しましてもあれから十二年の時が流れています。本の中とお読みいただ いている今日では、状況の変化というものが多々ございます。 残念ながら鬼籍に入られた方々もおられました。松鶴師匠が八六年に、文我兄さんが九 二年に、春喋さんが九三年に、米紫兄さんが九五年に彼岸に旅立たれました。 「蛇含草」の章で、母の背中におんぶされていた弟のマジカルたけしも九一年にあちらへ 行ってしまいました。 もちろん、明るい変化もございました。 襲名によって名前の変化のあった方もおられます。小文枝師匠が五代目桂文枝に、染二 君が四代目林家染丸になりました。米朝一門でも朝丸が二代目桂ざこばを、うちの一門で はべかこが三代目桂南光を、雀司が四代目桂文我を襲名させてもらいました。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

出産メッセージカードを選ぶ楽しさ

出産メッセージカードなどを作成する際には、相手に言葉を伝えられるし、写真も載せられるという利点もありますが、その他にも自分でデザインなどを色々決めたりする事が出来るので、送る側も結構楽しむ事が出来ると思います。 自分の子供の写真を載せても良いですし、メッセージを少し工夫しても良いと思います。 カードのデザインも色々あるので、ネットなどで画像を見ながら決めるのをお勧めします。 カタログギフトなどを送る場合はそちらがメインのイメージもありますが、感謝のメッセージというのはとても大事なものです。 テンプレはネットにも載っていますが、自分なりの言葉に書き換えてもらうことも出来るので、内容も少し凝ったものにしてみても良いのではないでしょか。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ